ウーマン

ポメラニアンの購入を熟考|運命の出会いが訪れます

綺麗な姿に整える

お墓

犬や猫など、ペットとして飼われている動物の寿命は人間よりも短く、多くの場合飼い主が最後を看取ることになります。最愛のペットとの別れは辛いですが、きちんと弔ってあげましょう。ペットが亡くなったあとは、ペット火葬に依頼して遺体の焼却をするのが一般的です。保健所を利用してペット火葬を行なうこともできますが、民間の専門会社の方が早く対応してくれます。中にはペット火葬の受付を24時間、365日体制で対応してくれる会社もあります。

対応が早い専門会社でも、依頼を行ない自宅に来てもらうまで、2時間から3時間はどうしても掛かってしまうことが予想されます。亡くなったペットの遺体をそのままにしておくと、腐敗が進んでしまう恐れがあるので、専門会社のスタッフが到着するまでの間、遺体を綺麗に整えておきましょう。亡くなってからさほど時間が経ってないようなら、死後硬直が始まっていないので、腕や足の形を整えてあげましょう。また、形を整えながら体毛についた汚れを拭きとってあげましょう。ペット用シャンプーや石鹸を水で薄めて液を作れば、大抵の汚れは落ちるはずです。口元や目元、肛門まわりは死後筋肉の緊張が緩み、体液が出てくることもあります。拭きとってからコットンやティッシュを詰めておけば、綺麗な状態を保つことができます。布や箱に遺体をおさめておけば、移動の際に楽になります。中に保冷剤や氷を入れた袋を、遺体のまわりに数個置いておきましょう。そうすれば、腐敗が進むのをとめて綺麗な状態でペット火葬が行なえます。